【助産師監修】ベビーラップの使い方
ベビーケアの助産師が教えます
お気軽にお問い合わせください

ベビーラップは寝かしつけにも外出にも最適

ベビーラップも新生児期から使えるお出掛けアイテムです。

お出掛けだけでなく室内での寝かしつけにも使えます。

赤ちゃんの体重を両肩で分散できるためママの負担も軽減されます。

赤ちゃんにもママにも優しいアイテムです。

助産師が監修
Check!
ベビーラップは赤ちゃんにもママにも優しいアイテム
Point
1

メリットは?

抱っこで赤ちゃんを抱っこできるアイテムは、スリングとこのベビーラップだけ。

筋力の弱いママには安心の両肩使いができるアイテムです。

自宅で巻き付けてしまえば、外出先で直す必要もなく赤ちゃんの出し入れは楽々です。

寒い季節は母子ともに暖かくホカホカ。

暑い季節は薄手のシルクや麻素材を選ぶと通気性も確保できます。

 

伸縮性のない素材を選ぶと屈んでも赤ちゃんが落ちてしまう危険も少なく、両手に荷物を持ってのお出掛けや上の子と手をつないでのお出掛けも可能になります。

 

抱っこ紐と違って、重心が高い位置にくるため肩や腰への負担は軽減されます。

 

Point
2

いつまで使える?

新生児の赤ちゃんから使えるアイテムです。

抱っこで頭からすっぽりと入れることができるため、首すわり前の赤ちゃんも安心して外出させられます。

さて、いつまで使えるのでしょう?

育児グッズはなるべく長く使えるアイテムがいいですよね?

ベビーラップも横抱っこ⇒カンガルー抱っこ⇒縦抱っこへと赤ちゃんの成長に合わせて使い方を変化させることができます。

ですので、2歳くらい長く使えるアイテムとなっています。

Point
3

使い方、入れ方

ぜひ、ひなた助産院へお越しくださいませ。

赤ちゃんの生理的な特徴、お子様の首すわりなどの成長発達を考慮したうえで、最適な入れ方をご指導いたします。

安心安全にお使いいただくための工夫、20年の経験を活かしたオリジナルの方法を伝授いたします。

寝かしつけも外出も楽になることでしょう。

お待ちしております。

お気軽にお電話でご連絡ください
080‐3592‐8163 080‐3592‐8163
受付時間:09:00~20:00
Access

恵比寿で整体やベビーケアを行う助産院の分かりやすいアクセス情報を掲載しております

概要

店舗名 ひなた助産院
住所 東京都渋谷区恵比寿4丁目 -以降詳細はお問い合わせやご予約時にご案内いたします-
電話番号 080-3592-8163
営業時間 【​予約受付時間】
9:00 - 20 : 00
​【キャンセル受付時間】
9:00 - 17 : 00
定休日 不定休
最寄り 恵比寿駅より徒歩3分

アクセス

恵比寿に拠点を置き整体やベビーケアを行っている助産院は、最寄り駅から歩いて数分とアクセス良好な点が特長となっておりますので、小さなお子様連れのお客様でも安心してご利用いただけます。また助産院への分かりやすいアクセス方法や地図もご用意しておりますので、ご覧の上お気をつけてご来院ください。
ベビーラップ

ベビーラップを使いこなそう

両肩を使えるベビーラップやボバラップは産後の体への負担が少ないアイテムです。

スリングのようにCカーブの横抱っこも再現できるため、赤ちゃんへの負担も少ないのが特徴です。

ぐっすり眠れる経験をした赤ちゃんは、べビーラップを〔落ち着く場所〕〔眠れる場所〕と認識してご機嫌に入ってくれるようになります。

わたしがお勧めしたいのは、ディディモスのベビーラップです。

伸縮性が少ないため安定感があり、手を添えなくても大丈夫です。

Cカーブでまるく抱っこするメリットはこちらをご覧くださいませ。

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事