ベテラン助産師が
スリングの使い方を教えます
スリングでらくらく育児
お気軽にお問い合わせください

スリングは赤ちゃんに優しいアイテム

助産師監修
POINTS
スリングで快適な外出、快適な眠りを
Point
1

スリングのメリット

首すわり前の赤ちゃんを縦抱っこ型の抱っこ紐に入れるデメリットを先にお話しいたします。

✔首がぐらつき、不安定になる。

✔首がすわりづらくなる

✔向き癖が悪化する。

✔反りやすくなる。または反りが強くなる。

✔腹ばいが嫌いになる。

✔口の閉じられないポカン口の子になる。

✔よだれが止まらない子になる。

 

スリングは赤ちゃんの生理的な骨格を受け止めてくれる赤ちゃんに優しい設計になっています。

スリングで育った赤ちゃんは上記のような育てにくい赤ちゃんにはなりません。

抱っこ紐を選ぶなら、まずはスリングをご用意ください。

Point
2

いつまで使えるのか?

新生児期から使えます。

初めての赤ちゃんを育てているママは新生児期に外出することは少ないと思いますが、2人目以降はそうもいっていられません。

首がぐらついたり、姿勢が不安定になる心配のないスリングは新生児期からのお出かけにピッタリです。

赤ちゃんの全身がすっぽりと布の中に納まるインフルエンザやコロナ対策にももってこいのアイテムです。

 

さて、いつまで使えるでしょうか?

子どもの体重にもよりますが、平均的なサイズの子どもでしたら2歳から3歳くらいまでは使用できます。

入れ方は1種類ではありません。

基本の〔横抱っこ

寝返りを打つようになる生後6か月くらいからは〔感がるー抱っこ

お座りができる生後9か月前後からは〔縦抱っこ

大きくなっても眠ってしまったら〔横抱っこ

バリエーションがあるので、長く使えるアイテムとなっています。

 

Point
3

ママにも優しいのか

片方の肩にだけ負担がかかり、肩こりや腰痛の原因になるのではないかと敬遠されるママは多いです。

スリングをちゃんと選びましょう!

リングがあって肩パットがしっかり広がるタイプのスリングは背中全体で赤ちゃんの体重を支えることができるので、片方の肩だけに負担がかかるということはありません。

また、縦抱っこ紐と違って赤ちゃんが高い位置で抱っこされるので、ママの重心は上がり猫背や反った姿勢になりづらく、腰痛や背中の痛みは起こりにくい構造になっています。

 

お気軽にお電話でご連絡ください
080-3592‐8163 080-3592‐8163
受付時間:09:00~20:00
お気軽にお電話でご連絡ください
080-3592‐8163 080-3592‐8163
受付時間:09:00~20:00
Access

恵比寿で整体やベビーケアを行う助産院の分かりやすいアクセス情報を掲載しております

概要

店舗名 ひなた助産院
住所 東京都渋谷区恵比寿4丁目 -以降詳細はお問い合わせやご予約時にご案内いたします-
電話番号 080-3592-8163
営業時間 【​予約受付時間】
9:00 - 20 : 00
​【キャンセル受付時間】
9:00 - 17 : 00
定休日 不定休
最寄り 恵比寿駅より徒歩3分

アクセス

恵比寿に拠点を置き整体やベビーケアを行っている助産院は、最寄り駅から歩いて数分とアクセス良好な点が特長となっておりますので、小さなお子様連れのお客様でも安心してご利用いただけます。また助産院への分かりやすいアクセス方法や地図もご用意しておりますので、ご覧の上お気をつけてご来院ください。
スリングの使い方を解説

スリングの使い方を紹介したYouTubeになります。

分かりやすく丁寧に説明していますので、大変好評をいただいております。

ぜひ、参考になさってください。

上手く入れられない場合には、ママや赤ちゃんに何か癖があるのでしょう。

その原因を見つけ出し、上手に入れられるように個人レッスンもしていますので、ぜひ恵比寿のひなた助産院にお越しくださいませ。

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事