腹ばいはハイハイの基本!
好きになる方法を伝授
腹ばい嫌いを克服!
お気軽にお問い合わせください

赤ちゃんの腹ばい練習

赤ちゃんの腹ばい練習はしなきゃダメなのでしょうか?

どんなメリットがあるのでしょう。

腹ばいはハイハイの基本です。

苦手で泣いてしまう赤ちゃんに好きになってもらう方法をお伝えします。

助産師が監修
遊ぼ
キュートな笑顔で楽しく腹ばい
STEP
1

メリットについて

首のすわりを良くします。

仰向けでばかり過ごしていると、首周りの筋力も腕の筋力も育ちません。

腹ばいで頭を持ち上げることによって筋力が育ちます。

腹ばいになることで見える景色も変わり、遊ぶ意欲が高まります。

 

呼吸が楽になります。

腹ばいで遊ぶことにより、肩が下がり埋もれていた首が出てきます。

気道が伸び、呼吸がしやすくなります。

また、体幹がしっかり育つことで肺の膨らみもよくなり、深い呼吸ができるようになります。

 

手先が器用になります。

上半身を鍛えることで、関節が安定し、筋力もつき、手先が器用な子になります。

腹ばいが苦手な子は不器用です。

また、腹ばいをすることで体幹がしっかりするので、これも器用さに影響を与えています。

 

運動機能が発達します。

生後1か月からの腹ばい遊びを積み重ねることで、ずりばいやハイハイを習得していきます。

腹ばいが嫌いな子、腹ばいが少ない子はずりばいやハイハイをしなかったり、変な癖のついたやり方を身につけてしまいます。その後の歩行にも大きく影響を与えていきます。

STEP
2

苦手な理由は?

理由はいくつかあります。

一つでも当てはまるようでしたら、早めの対策をお願いしたいです。

月齢が上がれば上がるほど、赤ちゃんの自我が出てきて親だけでは対応できなくなってしまいます。

□反りが強い

□体の緊張が強い

□腹ばいの経験が少ない、やらせていない

□腹ばいにすると腕を引く

□腹ばいにすると頭が上がらない

□腹ばいにすると足が浮く

□腹ばいにすると苦しそう

原因はそれぞれで、対応方法もそれぞれです。

まずはどれに当てはまるのか見極めましょう。一つとは限りません。嫌いな赤ちゃんのほとんどが複数の原因を有しています。

STEP
3

練習方法は?

苦手を克服して、笑顔で腹ばいができるようになる方法をお教えします。

原因を見てお分かりいただけると思いますが、体の緊張が大きな原因となっています。

練習も大事ですが、まずは抱っこの仕方を直しましょう。これが一番の近道です。

手遊びを取り入れたり、マッサージをして緊張をとる工夫も必要になります。

そして、機嫌が良い時間帯に親のお腹の上で練習させていきましょう。顔を上げると大好きなママやパパの顔が見えるというのはモチベーションを上げてくれます。

またはバスタオルやクッションを用いて少しでも楽にできる工夫をしてあげましょう。

ひなた助産院では、個々の赤ちゃんに必要なことを見極めて、お伝えすることができます。

 

お気軽にお電話でご連絡ください
080-3592-8163 080-3592-8163
受付時間:09:00~20:00
Access

恵比寿で整体やベビーケアを行う助産院の分かりやすいアクセス情報を掲載しております

概要

店舗名 ひなた助産院
住所 東京都渋谷区恵比寿4丁目 -以降詳細はお問い合わせやご予約時にご案内いたします-
電話番号 080-3592-8163
営業時間 【​予約受付時間】
9:00 - 20 : 00
​【キャンセル受付時間】
9:00 - 17 : 00
定休日 不定休
最寄り 恵比寿駅より徒歩3分

アクセス

恵比寿に拠点を置き整体やベビーケアを行っている助産院は、最寄り駅から歩いて数分とアクセス良好な点が特長となっておりますので、小さなお子様連れのお客様でも安心してご利用いただけます。また助産院への分かりやすいアクセス方法や地図もご用意しておりますので、ご覧の上お気をつけてご来院ください。
腹ばいを好きになる

ひなた助産院では、赤ちゃんの体のバランスや緊張をチェックし、嫌いな理由を探します。

首すわりなどの発達のチェックも行っています。

整体の手技を使って赤ちゃんの体をほぐし、腹ばいがしやすいように整えていきます。

ママたちに自宅でできるマッサージや遊び、腹ばいが楽にできる方法もお教えいたします。

 

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事